2014年5月19日月曜日

お部屋紹介23 2014/5/19

今日は前置き無しで本題に入りますね。
 
写真を頂いたのでお部屋紹介します。!
 
今回は江南市のSさんです。
ご丁寧にお店まで写真をUSBでもってきていただいたので大量に写真がありますよ。
 
 
脚の保護用カバーは取り忘れだそうです
一番最近納品させていただいたのはこのHerman Miller社製イームズラウンジチェアです。
新品で購入されて数か月の使用なので、まだまだ革の張りも納品ほやほや状態です。
これを自分で何年、何十年かけて味を出していくんですね。新品で購入した場合の楽しみです。
Sさんはまだお若いので、これから自分の年齢とともにラウンジチェアも歳をとっていくわけです。ロマン。
 
サイドのテーブルは現在では生産されていないサイズのイームズコントラクトテーブルです。
 
他にもいろいろ見えますが後からの写真で触れます。
 
 
ペンたくさん
ピエール・ポランさんのF031デスクですね。お店に展示している仕様と同じオークとブラックの組み合わせです。
合わせている椅子はジャン・プルーヴェさんのスタンダードチェアです。同じオーク素材でしょうか。
この組み合わせはカタログにも乗っている鉄板ペアですし、もっとも格好良い組み合わせのひとつだと思います。
 
足元のバスケットはオーセンティクス社のもの、スツールはサーリネン、デスクライトはアングルポイズの照明ですね。
ツーピースプラスチックチェアの背面も見えます。
 
さりげなく写っているこの”こけし”は、
 
 
通称”イームズこけし”と呼ばれるものです。
 
イームズハウスには様々な民芸品・工芸品が飾ってありまして、その中に故鎌田文市さんが制作した”こけし”が飾ってありました。
その文市さんのお孫にあたる鎌田孝志さんが復刻したものが写真の”こけし”です。
たしかBRUTUSの特集で行われた企画だった気がします。ちょっと記憶が定かじゃありません。
 
 
天井の照明はイサム・ノグチさんのAKARIです。
周りで漂う渡辺 力さんのRIKIモビールが良い味出しています。
奥の壁にかかっているアートは草間彌生さんのもの。
 
 
時計はローゼンダール社のヤコブセンクロック。
コーラのビンを集めたり、
 
 
無印のフレームは重宝しますよね
ヴィトラ社からすでに廃盤になったネルソンのアスタリスククロックのホワイト、ヘビライト、アートワークスタジオのライトなど、
 
 
テンポドロップに、
 
 
 
ハウスインダストリーズのなにかに、AKARI、 (グラス類わかりませんでした・・・)
棚は以前うちで置いていたCPUパーテーションシェルフですね。インダストリアルな雰囲気がグッドです。
 
 
イームズオフィスがリリースしているメモリーゲーム、同オフィスから許可を得ているマグカップ、ブラウンのデジタルクロック、イームズのタッシェン本などなどなど、、、
 
とにかく自分の好きなものを集めた!という印象ですが、それが本来のモノを購入するうえでの健全な理由だと思います。
いろいろ好きなものに囲まれるのが一番心安らげる空間ですからね。
 
写っていないですが、ほかにもリミテッドのLTRTやラフォンダチェアなどもお持ちですよ。
 
ラウンジチェアを購入するとなんとなく一区切りみたいな感じになりますが、まだまだ収集の旅は続くはずです。
 
まさに遊び部屋ですね。好きなものに囲まれるのは素敵なことです。
Sさんありがとうございます!
 
 
ということで今後もお写真募集中。
ですです。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿