2015年3月28日土曜日

ピスティリーノ展示 2015/3/28

店舗を開業するときに見落としてしまう経費、それは町内会費です。
住んでなくても対象です。しかも事業者だと町内会費が一般より高いです。一か月数百円とかじゃないです。年間前払い一括で矢場町だと¥12,000します。
独立を考えている人は参考にしてください。最初に何かとお金がかかるものです。


さあ、今日は久しぶりに新たに展示したものの情報です。
別に新製品じゃありません。


ピスティリーノを展示しました。
もうさっそく壁に取り付けています。

VALENTI
Pistillino
¥40,000(税別)
size φ300 H150mm

これなにかというと照明です。
ピスティリーノはイタリアのStudio Tetrarchによって1969年にデザインされました。
まさにスペースエイジ時代ですね。


これはメーカー提供の写真
そもそも”Pistilino”はイタリア語で”めしべ”という意味を持ちます。花のあれですね。雌蕊。
そういわれてみると確かにその通りのデザイン。しかし銀色ってのが前衛的なセンスです。

最初の写真で壁づけしていたのでその印象がついたかもしれませんが、床置きも格好良いです。つまり上向きの状態で設置する。
サイドボードの上とかに置いたら格好良いです。


素材はABS樹脂ですので軽いです。
画鋲ピンでも本体を支えることが出来ます。
真ん中は電球なんですよ。上側が銀色に着色されています。

どうしても自分が写ってしまうのですが気にしないでください。
なんかこの↑写真悪夢みたいな感じです。


それで電気をつけるとこんな風になります。


すげえ。
これは目立ちます。
放射状に輝く魅惑の明かりです。
光もデザインのうちってやつですね。

天井に取り付けしてもステキですよ。

問題は電源コードで通電しないとならないので、その辺をどうするかっていうことでしょうか。
どうしてもコードが本体から伸びて見えるんですよね。
電池式だったら良かったかも。そんなこと言ってもしょうがないですけど。


これ部屋に付けたいし。って思う人はどうぞ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿