2015年4月23日木曜日

シェルチェア背もたれのカーブ 2015/4/23

すいません、T-710なんですけど、もうちょっと待ってもらえますか。
完成が遅れていまして・・・遅くともG.W前には来ないとまずいので急いでもらっています。

さて、すっかり暖かくなった今日は雑談です。


この動画の最初の方をみるとわかりやすいのですが、シェルチェアってちゃんと人体の構造にフィットするように作られているんです。
背骨の自然な逆S字、もしくはダブルS字って呼んだりするんですけど、それに沿うように背もたれ部分が曲線を描いています。

シェルチェアを浅く座る人が多いみたいですけど、深く座ったほうが身体に良いんですよ。
この辺はワークチェアの座り方と同じですね。


生地張りに意味はありません
見た目だけじゃなくて、ちゃんと人体にことも考えられています。その辺はさすがですね。

浅く猫背気味に座っている人は、これを読んだのを機に深く座るようにしてみてください。
腰や背骨の負担が軽減されると思いますよ。

まあそんなに長時間腰掛けないならそこまで気にしなくて良いかもしれませんけど。

こうですね、骨盤を奥に入れ込むようにです。

うん、伝わらないですね。


口頭なら分かりやすく説明できるんですけどねぇ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿