2015年6月6日土曜日

ボビーの支柱の話だけ書くつもりだったんですけど・・・ 2015/6/6

いきなりですがこれはですね、ボビーワゴンの支柱&キャスターです。
 
 
ほら、そうでしょ。
この部分だけ壊れたので新たに欲しいという要望があったので用意しました。 ※正規購入した人にしか用意はできません。
 
このパーツだけ欲しいというのはこのお店を始めてから初めて受けました。
珍しい用件ですね。
 
 
しかしですね、久しぶりにこのパーツを見て感慨深い気持ちになりましたよ。
 
このボビーワゴンの支柱パーツは、以前のお店に勤めていた時に以前に一度だけ受けたことがあったんです。
 
 
そして、このパーツの存在があったから今のお店を開業できました。
飛躍していますが本当です。
 
 
今私がお店をやっているこの場所は居抜きなんです。 ※居抜きというのは、以前のお店の内装や設備が残った状態で造作譲渡込みで賃貸契約者を変更することです。
前はこの場所で別のお店が入っていて、そのオーナーに辞めるからって場所を譲ってもらったんです。
 
そのオーナーは、デザインセンタービルの地下のお店に私が勤めていた時にボビーの支柱を注文しにみえたのが出会いです。
その時は素性も知りませんし、本人は用意出来たら取りに来るわ。栄だから。ってことでオーダーを貰いました。
 
支柱はイタリアからの取り寄せ品だったので数か月かかるのですが、想定より多く時間がかかってお店に入荷されたんです。
それで私はオーナー(この時は何者か知らない)電話をしたときに、「納期遅れましたし栄なんで持っていきますよ。」って伝えたんです。オーナーはいいよいいよって初めは言われていたんですが、じゃあ宜しくってことで住所を聞いて持っていきました。 ※この時はスタッフが他にもいたので。
 
そして住所通りに着いたら今のこのお店の場所だったんです。
ここで初めてオーナーのやっていることを知って、ついでにそこでボビーワゴンの支柱交換を手伝ったんです。しばらく話し込んだ後に私はお店に帰りました。
 
数日後、お店にオーナーが遊びに来たんです。
そこから仲良くさせてもらいました。
 
そのオーナーから「俺はこのお店を辞めるんだけど、この場所でやる?」って言われたのはそこから一年後ですね。
私の現状を知っていて、だからこそ声をかけてくれました。特別にって。
 
 
あとでわかったことですが、そのオーナーは自分でボビーの支柱を用意出来たんです。メトロポリタンギャラリーさんと取引があったんです。そっちの方が手間もないし条件も良い。
一緒に飲んでいるときにそのオーナーに、「なんでわざわざ他のお店に注文しに来たんですか?」って尋ねたら、「なんとなく。俺って優しいでしょ~」って言っていました。
 
 
そんな気まぐれがここまで繋がるんですから世の中わからないものですね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿