2015年8月13日木曜日

お部屋紹介(35)の続き 2015/8/13

夜に栄の近所のスーパーに行ったら惣菜やお弁当がたくさん残っていました。お盆ですね。
街に人が少なくなっているんでしょう。里帰りとかですかね。
 
 
さて、今日はお写真頂いたのでお部屋紹介です!
今回は以前にも二度紹介させていただいた関東在住のNさんより頂きました~。
 
 
素晴らしいDJブースですね。レコードもたくさん。そしてやっぱりTechnicsですよ!
以前の写真から察するに、ガレージに面した場所がここだと思います。シャッターを開けたら外から見えるわけですか。格好良いですね。
本や小物がたくさんあって、ホビールームという表現が近いですね。凝縮された安らぎの空間でしょう。さりげなくハーマンミラーの赤いミニチュアトレーラーも見えます。
 
それで奥に見えるアームシェルを購入していただいたのが写真を貰えたきっかけです。
このアームシェルは特注で作ったものです。
以前手に入れたストックとして持っていたマハラムのイームズドットをアームシェルに張り替えたものです。
存在感がありますよね、遠目で見てもこのインパクト。イームズドットは定番と言えば定番ですが、やっぱり素敵ですからね。シェルチェアには最高です。
 
 
遠くてよくわかんないよ、この生地ってどんなのなの?と言う人のためにアップを。
 
 
この写真は納品前にお店で撮ったものですよ。
こんなのです。
レイ・イームズがデザインしたといわれる、彼女を代表する柄の一つです。
黒地に白ドットが良い味出しています。
 
確かに有名な柄ですが、実際にこれでシェルチェアを作っているのは数少ないと思います。
 
 
それからもう一枚もらいました。
 
 
渡辺 力 さんの小さな時計 銅Verです。
非常に和な雰囲気の場所ですね、左の照明はイサム・ノグチのAKARIでしょうし、黒い物体は久しぶりに見ました。これ”炭の珠”ですね。
銅の物は和な空間にはピッタリです。落ち着き、そして高級感を感じさせてくれます。
 
 
生地張りのシェルチェアは一つあるだけで空間のイメージが違って見えますね。
私見ですが、より「遊び感」を醸し出してくれます。そこに来てイームズドットという正統派な生地を選ぶチョイスが良いです。
 
ご自宅が楽しそうなお写真でしたね!
Nさんありがとうございます。
 
 
末永くお写真は募集中。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿