2015年8月28日金曜日

BUTEを使った千鳥格子のシートパッド入荷 2015/8/28

Knollから純金のダイヤモンドチェアがリリースされるそうですよ。
なんですかねこれ、偶然すぎやしませんか。


あ、オリジナルシートパッド作ったんでどうぞ。


今回はBUTEというスコットランドのウール生地を使いました。
それの千鳥格子柄、各色です。

例によって余っていた生地で作れる枚数だけ作っただけなので価格はお値打ちにしています。売り切り価格。
一枚¥5,800(税別)

それにしては安い価格設定なのですが、大きな理由があるんです。。。



これまた例によって裏面をビニールレザーにしたんですけど、パイピングもビニールレザーになってしまっているんです。
パイピングってのは縁取りしている部分です。
うちは普段、このパイピング部分は表面と同じ生地にしているんです。

ハリス・ツイードのシートパッドもそうしています。→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2014/11/20141121.html

でも今回は、ミスで裏面のビニールレザーをパイピングにしちゃってるんですよ。がびーん。
あと、ビニールレザー自体もハリスで使用したやつより安めなのにしています。

そんなわけで価格も想定より遥かに下げました。本当はもっと高価格で販売できる代物なのにもったいない・・・

だってBUTEってハリス・ツイードより生地が高いんですよ。


ウールなのですが、ハリス・ツイードほど柔らかくはないです。それにBUTEのタグがつくとかもありません。
いつも作る通常のシートパッドより柔らかいぐらいですかね。


どうなんでしょう、私はどうしてもパイピングに目が行って普段と違うから違和感を感じてしまうのですが、こっちの方が素敵じゃん!ってなるのかもしれませんね。ブログをご覧の皆さんは。

普段よく考えることなのですが、「自分しか良いと思っていない」ってことはよくあることなんでしょう。


右上のタグね
ちなみに、リバーシブルになるんじゃない?って思うかもしれませんが、タグの関係でこんな風になってしまいます。タグが隠せない。


 なんかちょっとネガティブな印象を与えたかもしれませんが、物としてのクオリティは高いですよ。生地もすごく良い生地ですし。

これいいなって思った人は気にせずどうぞどうぞ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp   

0 件のコメント:

コメントを投稿