2015年11月30日月曜日

アーキテクトメイドで一番高価なもの 2015/11/30

11月も終わりですか。明日からは12月。
12月って単語を聞くと、もう今年も終わりだなって感じがします。そうですね、ごく普通の感想です。
皆さんが楽しい12月を過ごせることが出来れば私はそれで良いです。


今日はARCHITECTMADEの話題でも書きます。
アーキテクトメイドっていうと、ダックとかオウルとか、木のオブジェってイメージがあると思います。
それ以外にもキャンドルホルダーとかトレーとかいろいろ製造販売しているブランドでもあるんですよ。

そのアーキさんで一番高価な物ってなんだと思いますか?

これを初めて発見した時はいろんな意味で目を疑いました。


ポール・ケアホルムさんのPK-600

お値段¥1,200,000なり。

以下HP引用↓

時を超えた芸術品

PK-Bowlの兄にあたるPK-600は黒大理石でできた豪華な彫刻で年間10個しか生産できません。1963年にフレデリシア市庁舎の為にポール・ケアホルムによってデザインされた大きな灰皿は、今日もオリジナルの図面通りに作られています。半球体に掘られた黒大理石の滑らかな表面は光を淡く反射し、機能的かつ彫刻としての存在感をアピールしています。 http://architectmade.com/ja/shop/pk-600-ja/pk-600/
引用終り↑ 

と書いてある通り、かなり特別な存在です。

しかしこの灰皿みたいなのが120万円って言われてもねぇ・・・って思われるかもしれませんが、これ、サイズW600×D600×H300あるのでボウルとか灰皿の類じゃありません。しかも重さなんと250kgです。
250kgっていうと、カワサキのバルカン900クラシックが249kgなので、それより重いですよ。


実際オーダーしたらどうやって日本に送ってくるんでしょうか。興味津々です。
試したいのでどなたか買ってください。 用意しますよ。


これ本国だと€9500ですから、日本で購入したほうが安いです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿