2015年12月3日木曜日

アルバースのラグ 2015/12/3

新しいデザインのラグを用意しましたよ。
 
でも新作って訳じゃありません。
 
 
こちらです!
見覚えがある人もいるはず。
 
デザインの元ネタはジョセフ・アルバース(Josef Albers)さんのアートです。
まんまですけど、色は違います。
 
Original Rugmat
¥9,000(税別)
size W600 D400mm
毛足10mm
※サイズ違い、カラー違い作成可能です。要見積もり。
    W2000 D1400mmで¥58,000(税別)です。参考にしてください。
 
よーく見ると左右非対称なのがポイントです。
 
 
このデザインは思い入れもあって大好きなんですよ。私は。
 
 
このデザインのラグを作ったことについてちょっと長くなりますが書きます。
 
そもそもこのデザインをラグにしたのは、私は以前在籍していた㈱マシン・エイジなんですよ。十数年前の話じゃないですかね。
まだそこで雇われていた時代にこのラグを倉庫から見つけて、良い柄だなって思ってお店で敷いて販売していたんです。
それで後からアルバースさんのアートだってことを知ったんです。自力で調べました。
 
以前勤めていたショップではちょくちょくオーダーが入っていた柄だったんです。
 
 
でも、私が独立してこのお店を始めてからはスペース的にラグが販売しづらくて、この柄は作らずそのままになっていたんです。ラグの販売も少なくなりましたし。
ですが、この柄自体は好きなので、このラグ自体は作るべきだよな~って思いながら年月だけが経っていました。
 
 
で、先々月にLAのイームズハウスに入ったじゃないですか。私が。
 
そしたらですね、アルバースの、まさにこのアートが飾ってあったんですよ! (色は違います。)
チャールズの娘の娘のルシアさんにアートのことも説明してもらって、アルバースさんはイームズハウスにゲストとして来たことがあるっておっしゃっていました。
 
 
それで、どうしてこのデザインを㈱マシン・エイジがラグにしたのかわかりました。
目黒にいる社長さんは昔、イームズハウスに入ったことがあるからですね。そしてイームズさんとアルバースさんが交友があったことを知っていたからです。だからチョイスしたわけですね。
 
 
すごく胸がスッとしました。
 
 
まあそんな背景は置いておいても、単純に良い柄だと思うのでラグを探している人、玄関的な場所にマットが欲しい人はどうですかね。
但し吸水性は一切ありません。汚れ落とし目的ではありません。このラグは。装飾用。
 
 
アクリル100%なので裏側は少し硬めです。滑り止めなどないので滑ります。
なんか下にシリコンなり、滑り止め的な物をかませてください。気になる人は。
大抵はそのまま敷くでしょうけどね。
 
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950


0 件のコメント:

コメントを投稿