2016年2月1日月曜日

CBSモニターアームとSurface 2016/2/1

今日CBSのモニターアームを販売するときに、良いアイデアを思いついたんですよ。
せっかくなので共有しますね。
でも一部の人にしか恩恵の無い内容ですので、興味のない人は、、、でも興味なくても参考になるかもしれないので読んでみてください。


私は普段の外出と自宅用にsuface pro3を使っているんですよ。
開業初期に比べてお店以外で仕事をすることが増えてきたので持ち運びしやすいようにです。

このsurfaceはキーボードが着脱式なので、ノートパソコンのように挟み込んでこうやって使うことが出来ません↓



この写真は2014年のときのものです
こうやって↑
かといって、このモニターアーム本来の使い方であるアームにモニター直接取付もできません。
VESA規格以前の問題で背面にビス穴が空いてないですし。

だからノートPCと同じように使うには、こうやって使いしかないんです。↓


こうやって↑
画面に若干挟み込むパーツが被っちゃっています。
見た目的にあれですし、タッチでメニューバーに触れません。

しかし突然あるアイデアを思いつきました。


surfaceは背面にスタンドがついているじゃないですか。
スタンド出来るように。

ここに挟み込めばもしや!


出来ましたね。挟み込めましたよ。

横から見るとちょっと無理やり感があるのですが。


前から見るとけっこう良い感じです。
この軽さもモニターアームは対応しているので、動きも良いです。

これならsurfaceでもモニターアームとして機能しますね。


手元に持ってこれるように設置して、作業したりもできますよ。
これだとただニュースとかチェックするのにはタッチ操作で十分便利です。


お店でデスクトップのPCを使っていないので右のノートPCがデスクトップPCだと思い込んでください。

このように持ち歩いてきてさっとモニターアームに設置して二画面で作業ってのもやりやすいです。
モニターアーム便利なので、こんな使い方どうですか?って話でした。

参考になれば良いですね。


でも実は、iPadみたいなフラットなタッチディスプレイデバイス用のサイド部分を挟み込むマウントってのもCBSはリリースしているんです、盗難防止で鍵付きの奴。
日本では定番で販売されていないんですよね。それは。
このアイデアならすぐに手に入りますし、価格も問題ありません。それにノートPCで共有して使えますしね。

 このモニターアームは実物を見て動きを見ないと魅力が伝わりづらいのですが、ネット上で詳しく書いている記事ないかな?って検索したら一つ見つけました。

週刊アスキーというサイトで紹介されていたので、勝手にURL貼っておきます。
分かりやすく見やすいんですよ。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/241/241832/


リンク先は価格が違うので、現在の価格はこちら。


欲しい人とか詳しいこと知りたいって人はいつでもどうぞ。

在庫は普段持っています。クランプも二種類とも。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿