ブログ

2016年4月28日木曜日

耐久テストの映像 2016/4/28

おっとG.Wですか。
うちはいつも通りやると思います。
あ、もしかしたら名古屋に観光や里帰りで来る人もいるかもしれませんね。
名古屋だいぶ変わりましたよ、発展しています。


さて、Herman Miller社のワークチェアの製造から耐久テストの映像があったので紹介しておきます。勝手に。


テストラボは私が現地に行った時に撮影禁止だったので映像は特に珍しいんじゃないでしょうか。
ちゃんと公式でアップされているものです。

かなり⤴の耐久テストをしていましたので、そりゃあ保証12年もうなづける感じです。
テストラボ内は楽しいんですよ、いろんな製品が自動で様々な動きやテストがされていて、見ていて飽きません。
オートマティックで座面に重りを落とすたびにカウンターの回数表示が1づつ増えていきます。
それがたしか10万回でしたよね・・・?150kgの重さを10万回落とすんですよね?
違ってたら後でこのブログ修正しておきます。

アメリカのテスト基準の10倍の耐久テストをしています。ハーマンミラー社は。
だからこその耐久性です。


ここからは個人的に思うことです。

やっぱりアメリカの製品は耐久性が高いと思います。
例えばワークチェアの耐荷重がものによって136~159kgなんですけど、
日本だと100kg超えている人っていったら稀な存在ですけど、居ますからね、向こうは。
そりゃあ丈夫に作っておかないと破損の連続だと思います。そしたらこれほど高評価は得られないでしょうね。

日本人はそんなにガタイが大きい人はいないので、その辺は過剰なぐらいの耐荷重設定です。
よっぽど大丈夫でしょうね。
もちろん正しい使い方をすればですよ。


じゃ、明日から長期連休の人は楽しめると良いですね。

ではでは。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿