2016年6月7日火曜日

アーロンチェアジャケットハンガー 2016/6/7

私一人でやっているとお客さんにとっても取引先さんみんなにとっても便利じゃないですか?
だって私に話しておけばそれで全部OKですものね。って思いました。


さて、こんな商品入れました。


なんでしょうか。
ヒント、アーロンチェアのオプションパーツです。
このブログのタイトルは忘れてください。


これはですね、


アーロンチェアの背もたれ部分に、


まずこのパーツをはめ込んで、

(本当は六角レンチで挟み込む部分を緩めてから締めるのですが、六角レンチが付属していないのでそのままはめこんでいます。)


このワイヤー状のものをはめ込んで完成です。


こうなるわけです。


ジャケットを掛けることができます!

ハーマンミラー社製で唯一のアーロンチェア用オプションパーツです。
アーロンジャケットハンガーという名前ですよ。


このハンガー、もともと存在する製品なので新発売でも何でもありません。
私もずっとあることは知っていました。でも、あるからってだけで、いまいちピンと来てなかったんです。

で、先々月㈱インフォゲートさんの本社に行ったじゃないですか。
この時→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/04/2016420.html

その社内では当然のごとくハーマンミラー社のワークチェアを皆さん使っているのですが、男性社員さんはジャケットをみんな背もたれに直接かけているんですよ。

その光景を見て、

「あ、これ、ジャケットハンガー要るわ」

って思ったんです。


家だとハンガーなりありますから、あまり活躍の機会はないと思います。

社内でもコートハンガーがあると思うのですが、ある程度の広さの室内だと、そこまで行ってジャケット掛けてとかしないでしょうからね。だからこそ自分の椅子に掛けてしまうわけです。


やっぱり実際に使っている光景を見ないとわからないこともありますよね。


このハンガーはさすがによく考えられていまして、こうやって横から見るとちゃんと背もたれ上部と面が合うようになっています。きれいですよね。

頭の邪魔にならない、首の動きを阻害しない、これが重要です。
首は動かせないといけませんぜ。


かといって低すぎる位置にこのハンガーがあると、背もたれを倒してリクライニングしたときに地面にジャケットがついちゃいます。
だから、裾の長いコートとかは不向きですよ。

価格と仕様はこんな感じです。
 
 
Herman Miller
Aeron Chair Jacket Hanger
¥6,000(税別) ご購入はこちらから
size W450 H140 D40mm 組立状態で 
※耐荷重5kgまで


ちょっと実験的にオンラインストアとリンクして、ブログで更新とともにそこで買えるようにしてみました。
今後そうしていくとかじゃなくて、実験です。やってみたらどうかなって。
だってこの類の製品は今までの私のお客さんたちの中で欲しい人がいるでしょうし、そうした時に私といちいち連絡とるのが面倒だと思うんですよ。私がじゃないですよ、お客さんが面倒に思う。
私は連絡貰ったら嬉しいですけどね。

ハーマンミラーの製品ですけどオプションですし、これをショップに載せるぐらいいいんじゃないでしょうか。
たぶん載せたことでクレームも来ないのでは・・・


あ、でも取付に注意点があるので、そこは聞いてもらいたくはあります。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿