2016年7月21日木曜日

スペースラボの話 2016/7/21

今日はですね、SPACE LABのことを書こうと思います。

以前から会う人会う人に多くの頻度で私が付けている指輪を褒められるので、そうだ、ちゃんと書こうって気づいたからです。今日。


これが普段装着している指輪です。

これいいですね。とか、それ格好良いですね。とか。興味を持ってもらえます。


この指輪はもう8年以上ほぼ毎日装着しています。
気に入りすぎて、今も眺めていたりします。素敵~って。

でもこの指輪の説明をするのは長くなるうえに、しかもわかってもらいづらいです。
だからここでちゃんと説明します。


この指輪のブランドはSPACE LAB(スペースラボ)と言いまして、東京のブランドです。


SPACE LABのコンセプト
1930年代、ロンドンやニューヨークを中心に都市生活を幾何学的な線や面で表現したアールデコデザインは最盛期を迎え、1950年代にはアメリカを中心に未来を託した流線型などを用いたデザインのアトミックエイジが産声を上げた。
未来のデザインでありながらどこかなつかしい。力強さの仲にも柔らかなフォルム。スペースラボはこれらのモダンスタイルと共鳴し合いながら今に生きる、新しいシルバーアクセサリー・シルバージュエリーのスタイルを目指します。 ※公式引用


HPはいま無くて、公式の物だと2008年で更新が止まっているブログが残っているぐらいです。
http://spacelabinfo.blog102.fc2.com/


ここからは私の説明です。

スペースラボはアールデコ、アトミックエイジと説明していますが、もう少し以前のアートスミスのデザインをモチーフにしていたり、1800年代の・・・名前を忘れたのですが、そういったモチーフもあります。ストリームデコの要素もあります。
以前にも書いたのですが、私の好きなマーガレット・デ・パッタからインスパイアされたようなデザインもいくつかあります。
ここら辺の単語にピンとくる、その辺の年代が好きだ、デコっぽいモチーフが好きな人にはたまらないブランドなんですよ。

そしてスペースラボのもう一つの面としてロカビリーがあります。

そもそもこのスペースラボをやっている人は、元ヒルビリーバップス初代ドラムの佐藤悦也さんでして、デザインも彼です。注文も佐藤さん本人にします。
なので、マイクやギターなどをモチーフにしたデザインも多々あります。

その彼の音楽繋がりでロカビリーにゆかりのある著名人にも愛用されています。
音楽好きなら外せないブランドでもありますね。


特にカタログのモデルにもなっている永瀬正敏さんが顕著で、彼が小泉今日子さんとの結婚指輪を制作したのが佐藤さん、つまりスペースラボなんです。
映画の「私立探偵 濱マイク」でもスペースラボのアクセサリーを付けているんですよ。ドラマ版ではどうだったかはちょっとわかりません。確か付けていたような・・・
いや、ドラマ版も観たんですけど、ちょっと覚えていないんですよ。

いやーそれにしても濱マイクは最高でしたね。

映画も最高でしたがドラマも最高でした。
私はもう10年以上テレビを観ていないのですが、それでもいまでもあのドラマは最高だったなって思いだします。
何が最高ってマイクの服装ファッションです。格好良い。
あのスタイルに憧れてジョージコックスの白のラバーソールを履いたり、レザーのロングジャケットコートを着たりしていたのが懐かしいです。タバコは嫌いなので吸ったこともないですけど。

ああいったファッションが好みの人はたぶん良さがわかってもらえると思います。

マイクのような生計の立て方に魅力を感じたものですが、彼と同じ自分一人で独立して仕事をしているのは同じになりました。探偵ではなし。


ちょっと、かなりですか、話が脱線しました。


それで、このアクセサリーブランドは、そもそも以前に私が勤めていたショップで取り扱っていたもので、それを引き継いでここでも取り扱いをしているんですよ。
気に入っているので継続しました。好きだしって。


ということで、どうして自分が付けている指輪のことを紹介したかというと、販売もしているからでした。

いま一度このブランドに目を向けてみてください。おすすめ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿