ブログ

2016年8月18日木曜日

ジェンス・リゾムの話 2016/8/18

デザイナーの話ですけど、あんまり日本語での情報が無い人ほど書こうと思って更新しています。
イームズさんやネルソンさんなんかは別に私が今書かなくても何処でも書いてますし。

どこかからコピペ出来たら超楽なんですけどね。これ。


さて、今日はリゾムさんですよ。
過去に少し書いたので情報が重複しますが、これを機にまとめ直しますね。




Jens Risom (ジェンス・リゾム) ※もしくはイェンス
1916/8/5 ~

彼は20世紀のアメリカンモダンデザインを代表するデザイナーの一人で生ける伝説です。


1916年にデンマークのコペンハーゲンで生まれます。
彼の父親はデンマークの著名な建築家スヴェン・リゾムさんです。そんな父親を持つがゆえかは本人に聞いたことが無いので知りませんが、コペンハーゲン美術工芸学校に通います。
そこで、コーア・クリントさんとオーレ・ウェンチャーさんに師事します。
また、その時の同級生にハンス・J・ウェグナーさんやボーエ・モーエセンさんがいますよ。

それからニールスブロックコペンハーゲンビジネスカレッジに二年間通い、Ernst Kuhn建築事務所にて家具開発、インテリアデザイナーとして仕事を始めました。
後にストックホルムの事務所に移動し、その際にNordiska Kompanietの店舗を設計してブルーノ・マットソンさんやアルヴァ・アアルトさんから高評価を得たそうです・

1939年に彼はアメリカンデザインを学ぶためにニューヨークへ渡ります。
1941年に彼はハンス・ノルさんと会い、1942年に設立されたHans Knoll Furniture Companyのために600シリーズをデザインし、初期のKnollを支えました。

1943年に第二次世界大戦で兵役につきます。

兵役完了後の1946年、Knollに戻るのは容易でしたが、彼は1月にJens Risom Design(JRD)を設立しショールームも作りました。
家具デザイナーとして評判が上がっていくなか、彼はアメリカ国民にスカンジナビアンデザインの推進活動を始めましたよ。

1960年にプレイボーイにてアメリカンモダンマイスターの一人としてチャールズ・イームズさん、ジョージ・ネルソンさん、ハリー・ベルトイアさん、エドワード・ウォームレイさん、エーロ・サーリネンさん達と共に名を連ね掲載されました。

1970年に25年間活躍したJRDを売却し、3年間CEOを収入した後、ニューケイナンに移動してコンサルタントサービスを始めました。

1996年にこれまでの功績を認められ、デンマーク女王よりナイトの称号を授かります。

2016年8月、100歳の誕生日を迎え現在に至ります。


彼の魅力は、スカンジナビアンデザインとアメリカンデザインの融合であり、その優れたデザインはMOMAやイェール大学のアートギャラリーなど様々な有名アートスペースで展示をされていますよ。






 
ちなみに、T-170やT-539はJRDの時の家具なのでKnollじゃないんですよ。

だからライセンスとって㈱マシン・エイジで作れています。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿