ブログ

2016年8月19日金曜日

ハーマンミラーテキスタイルとマハラム 2016/8/19

最近デザイナーの話が続いて、若干ブログ更新に疲れが出てきたので今日は過去の写真でも振り返ります。
3時間とかかかりますからね、更新に。普段でもブログ書くのに1時間以上かかるのに。


これハーマンミラーテキスタイルの時のアレキサンダー・ジラードさんのヤコブスコートですね。
場所はハーマンミラーアーカイブです。ミシガン本社内の。
他にもいろいろ生地が保管されていましたよ。


ちょっと詳細見てみましょう。
読めます?

当時はウールが54%でコットンが47%です。

この生地、そしてジラードさんの生地は今何度も何度も書いている通りNYのマハラムで復刻生産販売していまして、別に不思議な事でも何でもないんでけど、当時と素材は違います。

今はウールが92%とナイロンが8%です。

だから今の方が繊細で上質な手触りなんですよ。


こっちがオリジナル

こっちがマハラム
この生地なんかはいま銀のラメみたいなアレンジがされていて、当時のよりなんか奇抜です。
でも、こっちの方が元の柄の良さをさらに引き出しているように見えます。私は。

家具だけじゃなく、ファブリックも当時の良い部分を踏襲しつつ、ちゃんと現代風に素材を変えたり、アレンジをしたりされているものです。

という、だけの更新でした。


私はこういった些細な事がすごく好きなんですけど、このブログ読んでいる人はあんまり興味ないでしょうね。

この辺が私の感覚と読み手のギャップでしょうか。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿