ブログ

2016年9月15日木曜日

ベンチをベンチとして使う 2016/9/15

ハーマンミラー社のプラットフォームベンチ、ネルソンベンチと呼ぶ方が伝わりやすいあのベンチですけど、ベンチなのにベンチじゃない使われ方の方が多いでしょう。

それをちゃんとしたベンチとして使う話しますよ。今日は。

よくですね、ダイニングテーブルに椅子を四脚並べる代わりに、片側にベンチを置くのを見たことありませんか?

そこにネルソンのベンチですよ。


こんな感じに。
いまちょうどお店にダイニングテーブルがあるので試せます。しかも色も似たような感じ。
これ良いですね、互いのデザインの良さを活かしています。このテーブルにベンチならこれしかないですね。

椅子を増やすなどしてベンチとして使わなくなったら別に部屋で使えば良いので、潰しがきく家具です。


このベンチですけど、別に座っていて痛いってことはないですよ。このビジュアルですけど。
そもそものストーリーとして、思惑とは逆に座り心地が良かったってのがありますから。40年代の話です。
あんまり長時間座るとちょっと辛いですけど。


気になるのがテーブルとの高さなんですけど、ベンチですから、ダイニングチェアに比べると座面高が低いです。それももちろんテーブルとの高さ次第ですよ。
写真のテーブルだと720mmでベンチが356mm。
でも私ぐらいの身長(180cm)だとこれで違和感がないです。

もともとこのベンチにはクッションが存在します。
参考 http://case-study-shop.blogspot.jp/2014/09/2014914.html

これを使えばよくあるダイニングチェアぐらいの高さになるので、身長が合わない人はそうしてください。


クッションを購入するほどの予算は出せないけど、ある程度長く座るしもうちょっとお尻を書いて気にしたいな。という人は、こうやってシートパッドとか置けばよいと思います。これcase study shopおりじなるのです。クオリティは最高です。

あ、これなんか見た目おもしろいですね。

絶妙の楕円っぷりとベンチの相性が良いです。
たぶん真ん丸だとちょっと違和感があるでしょう。あるでしょうというか、見たことあるんですけど、なんかちゃちく見えるんですよ。

参考にどうぞ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿