ブログ

2016年12月4日日曜日

納品紹介17 サーリネンサイドテーブル編 2016/12/4

今日は納品のご紹介ですよ。
お部屋紹介17のTさんより新たなお写真を頂きました。
前回 「お部屋紹介17 ソファコン編 http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/09/17-2016919.html


以前にですねKnoll社のエーロ・サーリネンさんのサイドテーブルをご注文いただきまして、その光景ですありがとうございます。
じゃどうぞ。


すごいい格好良い。
バルセロナチェアの横にサイドテーブル、Knoll繋がりですしやっぱり最高の相性ですね!
Tさん、サイドテーブルをどうしようかずっと考えていたんですが、サーリネンサイドテーブルの美しさが良いと決めていただき、Knollのビジュアルブックに載っていたバルセロナのブラウンとブラックサイドテーブルの組み合わせに惹かれ、せっかくなら最上級で!ということでのチョイスです。

このサイドテーブルですがただの黒塗装じゃなくて、天板は黒いマーブルのネロマルキーナを選択していて、重厚な黒い石に黒脚というそれはそれはシックで厳かな仕様なんですよ。
よくある白天板に比べるとぐっと上がりますので20万円以上です。満足度はそれだけの価値がありますよ。見ていただいた通りの上質さです。

そしてオットマンとして使っていたネルソンのベンチはテレビ台と役割変更です。
この家具はこうやっていろんな場面で使えるので便利。

ラグの柄もバウハウスっぽいので、そこらへんも家具とマッチしています。

やっぱりやっぱりKnollの家具は美しいですね。名作になりますよ。これは。
そしてこの光景を何十年後でも格好良いと呼べるでしょう。

Tさんいつも恐縮です。


写真はお待ちしていますよ。これからも。



マーブルの補足

マーブルは英語名です。大理石というとわかりやすいですよね。
マーブル模様のマーブルはこれが由来です。
そもそも大理石は石灰岩の一種で、中国の大理で産出されたものが由来して日本では大理石という名前が定着しているだけです。結晶石灰岩を全て大理石と呼んじゃっていますよね。
本当は国ごとに呼び名が違いますし、産出場所ごとに名称があります。
Knollではマーブルの種類がいくつもあって模様が選べます。
全てイタリア原産のマーブルですよ。” 


以上、以前書いた内容のコピペでした。これ→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/03/2016314.html


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿