ブログ

2017年1月31日火曜日

川上元美サイドチェアですよ 2017/1/31

あれー、1月が終わりじゃないですか。もしかして。


そういえば川上元美さんの家具で、1つ参考になる写真を撮ってこれましたよ。
私も実際初めて見ましたよ。


サイドチェアを見るのも座るのも初めてでした。

いや、これなに?ってみなさん思いましたよね。


これですよ。
参考 http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/10/2016109.html


この最高に素敵な川上さんのテーブルとアームチェアのサイドチェアVer.です。
まったく別物に見えるぐらいじゃないですか。


フレームの色をブラウンにしているんです。
それでいて生地をブラックのレザーにしています。
それだけで違う製品のよう。

どうです、このビジュアル、随分と高級家具感が出ていますよね。
もしくは50年代のアメリカンデザイン感。

いつも私はテーブル中心に発信してしまっていますが、椅子自体も良い物なので、そっちだけでも気にしてみてください。

椅子としてのレベルはかなり高いので、木製フレームの椅子を探している人はこれがベストでしょう。
きっと満足するはずですよ。


なお、うちのお店にはアームチェアしか展示していませんので、サイドチェアはそれで想像してください。
アームが無い以外は一緒ですから。




case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月30日月曜日

ダネーゼポスターに使っているフレーム価格改定 2016/1/30

やっとで壁のスペースが出来たのでダネーゼのポスターを吊るしています。わーい。


やっぱりこうしたほうが良いですね。格好良い。素敵。写真だとすごい反射ですけど、実際見るとそんなに気になりません。
約5.5kgあるのでさすがにビスにしました。1本で充分です。水平器があると便利。

そのポスターのフレームですが、価格の改定がされていました。
しかも少し前から。私も知らなったんです。前回までのオーダー時は価格が据え置きだったんです。

どのぐらい上がるかというと上写真のTRE,LA MELA E LA用のフレームで旧価格¥20,300(税別) → 新価格¥26,500(税別)となりました。

ポスターのサイズによって価格が違うので、上記変更価格を参考にしてください。

一番小さなブタちゃんのフレームが¥13,800(税別)で、一番大きなゴリラカエルリンゴナシで¥39,600(税別)ですよ。新価格がですよ。

フレームに関しては以前ちょっと書きましたね。
http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/10/20161024.html


あと、これは参考としてクワノトレーディングさんで以前ダネーゼの展示をどこかでした際の写真を貰いました。
ナチュラルのフレームに入れてありますが、これも良いですね。
ホームでは無理がありますが、こんな風にたくさんあるとなんだかアーティスティックです。

ただ黒林檎&梨はブラックフレームが格好良いですかね。まあ好みです。

壁を飾るには個人的にもお勧めすぎるので、ちょっと視野に入れてみてください。エンツォ・マーリさんのこのポスターを。

今日はフレーム価格改定(した)の更新でした。


オンラインショップの方にも載せていますよ。一部。
http://www.cssn.jp/SHOP/137442/list.html

要望があった場合掲載していますので、ここに載っていない画が欲しい人はご連絡ください。
その度にこのショップの掲載が増えていきます。 


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月29日日曜日

ミネラルやカーボンは現代の空間に 2017/1/29

引き続き今日もアーロンチェア リマスタード関係の話書きますよ。
いやほんと、うちはワーク関連の売り上げもあるからこのスタンスでやることができるお店なので、しつこいようでもそれも含めてうちということでお願いします。ワークとホーム、両方があるからこそです。みなさんのおかげです。


今回のアーロンチェアリマスタードですけど、新色としてミネラルとカーボンが登場したじゃないですか。


Herman Miller HPより 左からミネラル、カーボン、グラファイト。
これはオリジナルアーロンチェア発売時と現代では環境が変わったということによります。
白を基調とした空間、ナチュラルな空間が多くなったというのはもちろん、ツールやガジェットも白っぽいものが多くなったからです。特にアップル製品でしょうけど、白っぽかったりシルバーっぽかったり、他にも灰色っぽいデザインも。そんなような色との調和を目指すためのカラーです。

今までのグラファイトも伝統的で格好良いのですが、せっかくなら他のカラーも視野に入れてみましょう。

デスクと試しに合成してみたのでちょっと見ましょう。白系に合わせるというはどういうことか。



ちょうどいまツーマン配送無料をやっているF031デスクですが、ホワイト天板フレームにオークも先述の通り、これから伸びる配色だと思います。
このデスクだとブラック天板フレームにオークがもっとも素敵なのですが、空間との調和でこの配色がいけるはず。
その場合ミネラルのアーロンチェア リマスタードが良いですね。フレームもポリッシュにしてみました。超格好良いです。値段も25万円を超えるので格好良いです。
その価値はありますけどね。



アイアーマンテーブルもホワイトフレームがミネラルと相性良いです。
アーロンチェアリマスタードとテーブルで30万ちょっとなので予算も少なくて済みます。

実際利便性は高いのですよ。やっぱり高さの調整が出来るのは私のように背の高め人間には必要かもしれません。
このテーブルを使ってて以前よりずいぶんPC作業がしやすくなりました。


川上元美さんのテーブルにはカーボンですね。
以前までのグラファイトも良いんですけど、調和という面ではカーボンが良いでしょう。

川上さんのテーブルというより薄めの木のテーブルやデスクにはカーボンってことでもあります。


今はまだ違和感を感じるかもしれませんが、それはハーマンミラー社のブランディングによってと時間が解決するでしょう。

先々、アーロンチェアといえばミネラルでしょう、とか、カーボンでしょう、というの時代が来るかもしれません。

こないかもしれません。わかりません。

普通に今後もグラファイトが定番でしょうか。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月28日土曜日

今までのアーロンチェアはどうなるのでしょうか 2017/1/28

今日初めてアーロンチェアリマスタードを購入していただけました。記念すべき一人目です。ありがとうございます。


あと、先日書いた丸の内イエローコーナーでのアーロンチェアリマスタードの展示(HP http://www.yellowkorner.jp/news/170120.html)にハーマンミラージャパンの人が来るのは明日1/29(日)の16時ぐらいからですよ。
この時の最後に書きました→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2017/01/2017125.html

アーロンチェアリマスタードをちゃんと理解できますので、そんな人は全然行ってもらって構いませんよ。恐縮せずに、どんどん観に行ってください。ジャパンの人に話しかけづらかったら私の名前なりこのブログのことなり出していいですから。


左がアーロンチェア リマスタード、右が今までのアーロンチェア。


さて、皆さん気になる今までのアーロンチェアはどうするかですが、併売しますよ。販売し続けます。
でもずっとじゃないんです。いつか終わります。しばらくはこのまま販売ですよ。
以前のアーロンチェアが欲しい人は、終わりまでに決めてくださいね。


ところで、ハーマンミラージャパンでの表記がクラシックアーロンチェアになっていますが、オリジナルアーロンチェアって呼んでませんでしたか?違いましたっけ。

そのほうがわかりやすいというのがあるんだと思います。

私は敬意をこめてオリジナルアーロンチェアって呼びますね。

それはデザイナーにあります。


アーロンチェアはもともとビル・スタンフさんとドン・チャドウィックさんの両名による製品です。
しかし、ビル・スタンフさんは新ワークチェア企画中の2006年にお亡くなりになっています。

だから両名がデザインしたアーロンチェアはオリジナルアーロンチェアという解釈です。

今回のリマスタードアーロンチェアはチャドウィックさん一人で新たに作り上げたものです。


何が伝えたかったかと言いますと、オリジナルアーロンチェアもリマスタードアーロンチェアも販売していますので、オリジナルが欲しい人は終了前に決めてくださいね。

ちょうどハーマンミラー製品の価格改定があるのですが、いまオリジナルアーロンチェアを買う人も、リマスタードのアーロンチェアのことは絶対知っておくべきです。

知らずにより知っておいた方が間違いないですよね。
 あとでどうだったんだろうとか、知っていたら良かったのに!ってなるより良いです。

必ずリマスタードのアーロンチェアを展示して販売している店に行ってくださいね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月27日金曜日

アーロンチェアリマスタードの実物です 2017/1/27

新しくアーロンチェアが発売したという情報だけで、お店に展示していることも伝えてなかったですし写真も見せていませんでしたね。


ちゃんと3色3サイズを展示していますよ。

今回のアーロンチェアリマスタードですが、ハーマンミラー正規販売の限られたお店だけの先行販売となっています。実際展示して販売している店って少ないですよね?
逆にいえばそのリマスタードのアーロンチェアが販売できる店はそれほどの店ということです。
そこに私が居るのは違和感を感じるかもしれませんが、これでもちゃんとやっているんですよ。うちは。たぶん、皆さんが思っているより私は頑張っていますよ。



綺麗な写真と説明はHPを観ればいいんですけど。
http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/performance-work-chairs/aeron-remastered.html#/


実際現物でないと分かりづらい部分をちょっとだけ話しますね。


まず8Zペリクルですけど、こうやって実際見てもよく分からないと思います。
でも座ると分かるんですよ。実感できます。違いが。

でも表面から見てわかる方法もありますよ。


ここで秘密兵器。
ブラックライト~。

ハーマンミラージャパンさんからもらいました。


照射すればほら。
ペリクルにところどころ線が入っているのがわかりますか?

縦は無視して横に線が入っているのが見えますよね。この部分でテンションの変更をしているんです。
先端の部分はハードな部分なのでペリクルの張りが強く、その線の境目から少し張りが弱くなります。


ブラックライトを使えばそれが見えるようになるんですよ。


この8Zペリクルによって、先端のバナナ型クッションはなくなりました。
クッションが無くてもテンションを保つことが出来るようになったからです。


スカスカになっています。この部分。
絶対埃がたまる。


気持ち見通しが良くなりましたね。
編み方も変わっています。


フレームなんですけど、グラファイトに比べると真ん中のミネラルと右のカーボンがお高くなるのですが、ただの色違いじゃなくて塗装が違います。

今回から加わったミネラル、カーボンは、サテンアルミニウム仕上げと言って、光沢のあるツヤッとした塗装です。
グラファイトは今までのアーロンチェアと同じ粉体塗装ですよ。

このサテンアルミニウム仕上げは独自の塗装方法をしていまして、現代の空間との調和を考えられています。

価格の価値はありますよ、ミネラルもカーボンも。実際格好良い。


最初私はリマスターされたアーロンチェアのビジュアルを見た時にベースやフレームはプラになっていると勘違いしたのですが、違いました。引き続きアルミダイキャストです。
※ごめんなさい、ポリッシュ、サテンアルミニウムはアルミダイキャストでグラファイト、ダークカーボン、ダークミネラルはガラス繊維入りナイロンでした。勘違いでした。


軽くなったのですが、アーロンチェア自体の耐荷重が上がりましたよ。
最大158kgまでOKです。Aサイズは136kgですよ。


背もたれのマークも変更です。

いろいろ書きましたけど、そもそも今回のアーロンチェアはすべてのパーツを作り変えていますので、マイナーチェンジとかじゃありません。一新です。


ということで、アーロンチェア リマスタードなのですが、お店では普通に展示販売しています。


うちはしばらくこのアーロンチェアリマスタードが中心となりますので。ご了承ください。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月26日木曜日

ハーマンミラー製品価格改定2017年編 2017/1/26

そしてハーマンミラー製品の価格改定がありますよ。


2017年2月3日(金)より新価格となります。

リストがあるのですが大量なのでざっとだけ書きますね。

※同じ製品でも仕様によって変更があったりなかったり価格に差があったりなのであくまで参考程度にしてください。


・クラシック(オリジナル)アーロンチェア ¥3,000 ~ ¥6,000 UP
・エンボディチェア ¥2,000 ~ ¥3,000 UP
・ミラ2チェア ¥2,000 ~ ¥3,000 UP
・セイルチェア ¥1,000 ~ ¥2,000 UP
・DCW/DCM/LCW/LCM ¥1,000 ~ ¥2,000 UP
・プライウッドスクリーン ¥37,000 UP
・プラットフォームベンチ ¥1,000 ~ ¥2,000 UP
・エンベロップデスク ¥5,200 ~ ¥7,100 UP
・アルミナムグループ ¥3,000 ~ ¥5,000 UP
・CTW ¥2,000 ~ ¥9,000 UP
・イームズデスクユニット ¥12,000 ~ ¥13,000 UP
・イームズラウンジチェア ¥11,000 ~ UP

etc...

詳しくはリンクをご覧ください。
http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/wp_hm/wp-content/uploads/2017/01/Price-List-20170127_N.pdf

それから、


Eames Shell Chair, ETRT, ESU, Nelson X-Leg TableThin edge cabinetDaybed 


この辺は変わりませんでした。


どうしようか考えていた人は検討することになるでしょうね。

それまでに決済しておけば現行の価格ですので、納品は先延ばしにしても良いのですが、5月の下旬までとなっております。それ以降の納品を希望する場合は新価格でお願いしますね。

でも別に私が預かっておけばいいので、その辺は相談してくれたら良いです。
持っておけるサイズだったらですよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月25日水曜日

東京の話 アーロンチェアリマスタード ローンチイベント編 2017/1/25

今日からアーロンチェアリマスタードが発売です!
そのこととか、ハーマンミラー製品の価格改定(!)のこととか、いろいろ書きたいことがあるのですが、昨日の東京での話を書くマイペースっぷりを発揮しますね。


でもそもそも、昨日1/24に東京に行っていた理由は新アーロンチェアのローンチイベントが丸の内であったからなんです。それが夜からだったのですが、その夜のために新幹線代を出すのもあれなので、他に予定を作って一日休みにしました。


朝起きれたときに出発しようと思っていたら寝すぎて品川駅に到着するのが14:40という遅さ。
富士山が綺麗な時期です。


徐々に丸の内に向かおうということで、まずは外苑前に行きました。


Knoll Store Aoyamaですね。

最近は特にお世話になっていまして、直接話にです。
レザー張りのベルトイアサイドチェアも実物を見れました。これはいいですね。
他にも発見もありましたよ。後日見せる時が来ると思います。


そのあと次が久々です。


desertcさんに来ました。
http://www.desertic-tokyo.com/desertic_Tokyo/desertic.html

ご存じない人もいらっしゃると思うのですが、南青山のHeightsから西麻布の以前の場所に戻られているんです。
Heightsの時は東京に行くたびに予約があって私は行けなかったので、代表&デザイナーと会うこと自体かなりひさびさでした。

相変わらず良い服が揃っていますので春から用に1着手に入れました。
デザーティックさんは良い服なのでもっと着る人が増えてくれると良いですね。


それから新橋ですね。


メトロポリタンギャラリーさんに来ました。
http://metropolitan.co.jp/

調べたら最後に訪れたのが2013/11/7だったので、こちらも久々ですね。


そのときまでと違って今は代表とも話せるようになっているのが前進した部分でしょうか。
やっぱり実物見たりしないとわかりませんからね、相談しつつどうしていくかを決めます。
アイアーマンテーブルを展示するようにしたり、また力を入れてきていますよ。


あと、本の展示スペースが出来ています。
これはすごい量ですね。正直欲しいです。

前から私は主張していますが、本の所有量がその人の造形の深さでもありますよ。
家具インテリアはまだまだ本の情報が重要です。


それから丸の内に向かったのですが、イベント前に夕飯食べておこうと思ってメトロクスさんにお勧めを聞きました。


そして来ました。ここ。
四季ボウ坊というところです。

なんか有名なお店なんですね。
ナスのスタミナ揚げみたいな料理が美味しいですよ!って薦められたんです。
料理が出てきたら揚げにんにくチップがたんまり載っていて、これからイベントに行くのに果たしてこれを食べるのはどうなんだろうかとか、なぜここの料理を薦めたし、とか思いながらずいぶん美味しかったので炒飯とまとめて食べました。
あとなんかすごい店ですね、いろんな意味で。この雑さは好きです。


そして目的地の丸の内へ。その前にだいぶブレスケアしました。


場所はYellowKornerです。
アーロンチェア リマスタードのために特別展示1/25~1/31まで催されまして、それに先立ってのローンチイベントです。
詳しくはHPをどうぞ。http://www.yellowkorner.jp/news/170120.html


なんじゃこりゃ。
人が多すぎませんかね。

わけがわかりませんでした。


まあでも私としてはここで会う人たちに意味があるということで、ハーマンミラージャパンの人たちや取引をさせていただいている会社の人たちは会社に行けば会えるのですが、他の会社の人たちとはこんな機会じゃないとなかなか会えませんからね。
特にしがらみなく独立してやっているので、その辺は気楽ですね。他社だろうが誰だろうがフラットに話すことが出来るので。


そんな感じであとはいつも通り日帰りで名古屋に戻りましたよ。


先述の通りこのイエローコーナーでリマスターされたアーロンチェアが展示されていますので、ばらしたパーツすらも見たいよ!という人はぜひ行ってください。

さて、ここで耳寄り情報。

1/29(日)16~19時ぐらいまではハーマンミラージャパンのFさんとSさんがこのイエローコーナーにいるそうです。本人たちが教えてくれました。むしろ盛り上がってほしいからブログ書いて書いてって。
このタイミングに行くとアーロンチェアリマスタードのことがよりよく知れると思いますよ。というより、本当にリマスターアーロンが気になるのならこのタイミングに行ったほうが良いです。
彼女らが直接こうやって対応するのは珍しい機会ですよ。

私の名前を出したりこのブログを観たなりを本人たちに伝えたら、そうですね、会話のネタぐらいにはなると思いますよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月23日月曜日

アーロンチェアリマスタード発売! 2017/1/23

とうとう情報公開、そして発売日も決定です。
この時を待ちに待っていました。私もみなさんも。
正式な発表は24日ですが、明日は私はお店にいないので今日更新です。

追記

後ほど書いたアーロンチェアリマスタードの情報をまとめました。

東京の話 アーロンチェアリマスタード ローンチイベント編 2017/1/25

アーロンチェアリマスタードの実物です 2017/1/27

今までのアーロンチェアはどうなるのでしょうか 2017/1/28

ミネラルやカーボンは現代の空間に 2017/1/29

アーロンチェア リマスタードのポリッシュドアルミニウムの話だけ 2017/2/10

アーロンチェアリマスタードのよくある質問 2017/3/15

アーロンライトとスツールのこと 2017/3/29

ミネラルのポリッシュドアルミニウムのリマスタードアーロン 2017/4/12

 


アーロンチェア リマスタード
1/25(水)発売開始 
¥173,000(税別) ~
HP http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/performance-work-chairs/aeron-remastered.html#/


NEWアーロンチェアが待望のリリースです。


説明する前にまず書いておきます。


新しいアーロンチェアは見た目は同じように見えますが、実際は全然違います。すべてを作り直されています。感心する良さです。


それでは特徴を書いていきます。


1. 8Zペリクル

アーロンチェアの座り心地の良さは背と座に張られてメッシュ状の素材「ペリクル」によっても生み出されています。
そのペリクルが一新されました。
張力を8つのゾーンで分けることにより、より素晴らしいフィットを生み出しています。
均等に荷重を分散するだけでなく、より荷重のかかる骨盤部分はペリクルを柔らかくし、太ももを支える部分のペリクルはハードにしています。



2.ポスチャーフィットSL

仙骨を支え背骨を自然な逆S字に近づけることが出来るポスチャーフィットも進化しました。
このポスチャーフィットSLは仙骨と腰部を同時にサポートすることができ、ペリクルとともに盛り上げることでより良いサポートを得られることが出来ます。
今回は左右に調整ノブがついていますので両利き対応です。


3.新しいチルトメカニズム

自然なリクライニングが出来るように新しいチルトメカニズムを採用しています。
滑らかにシームレスな動きができ、動と静が容易にです。
さらにリクライニングの可動範囲の設定が二段階にできるようになり、チルトの堅さ調整も従来の50回転から14回転まで削減しています。
操作も簡単になったのも大きいです。


4.サイズ展開

より多くの人に対応するには一つのサイズだけでは足りません。調整機能だけでは多くをカバーできないです。
以前までのアーロンチェアに引き続き、3種類でのサイズ展開です。

新しいアーロンチェアはグローバルにマーケティングを行い、データの集計をして、幅広いニーズ合わせられるように角度や大きさなどが調整されています。特に背もたれの角度が浅くなったことで前掲時の使いやすさが上がっています。


5.可動範囲が増えたアームパッド

アームパッドが左右に動くアジャスタブル機能はより細かく左右の幅を調整できるようになり、さらに奥行まで変えられるようになりました。
これにより前掲機能を使用した際にデスクまで深く入りこむことが出来ます。


6.新色

左からミネラル、カーボン、グラファイトの3色展開となります。
現代の白を基調とした空間に合わせられるようにペールカラーが増えています。

それとは別にフレームをポリッシュドアルミニウムにすることも今まで通り可能です。


と、いろいろ書きましたが、実際座って、そして私の説明を聞くのがもっとも理解されるはずです
現行のオリジナルアーロンチェアの購入を検討している方も、このリマスタードアーロンチェアを知らずには買えないでしょう。とまで書いてしまいます。知ったうえで現行のオリジナルアーロンはありですよ。知らずに。ってことです。


お店には各色、各サイズを一台づつ展示していますよ。


私は去年の時点でみっちり研修を受けていますので、その辺は任せてください。
それでなくても椅子の理解力が違いますよ。


後で買おうと思っている人も、すぐに購入をする人はそれだけの価値があることがあるので、待つより早めの方が良いはずです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月22日日曜日

アーロンチェア リマスタードの情報ですよ 2017/1/22

Herman MIller Japan公式HPで発表されていたのでここでもお伝えしますね。



Herman Miller Japanより http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/performance-work-chairs/aeron-remastered.html#/cross-performance
新しいアーロンチェア。アーロンチェア リマスタードですが1月25日に発売します。

とうとうですね、発表から三ヶ月ぐらい。長かったです。
待ちに待っていた人は本当に多いと思います。

もう少しで全部伝えることが出来ますよ。

うちは当然!展示して販売します!

いや、当然じゃないですか、こんな一人でやっているお店ですし、普通じゃないです。
でもやりますよ、こう見えても私はちゃんとやっていますから。


その兼ね合いもあって来週1/24はお店をお休みしますね。


このために店内スペースを開けるためにクリアランス販売していたんです。

果たしてこの狭い店内がどうなるでしょうか。

果たして人が歩けるような状態になるのか。


お楽しみに。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月21日土曜日

バブルランプの話 2017/1/21

そうは言ってもいまお店がバブルランプの香りで一杯です。大丈夫かな。

今思うとバブルランプのちゃんとしたヒストリー的なことを書いたことがありませんでしたね。
なので今日はそんなことで更新します。


Herman Miller Japan より http://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/Nelson%20Bubble%20Lamps

バブルランプは最初ハワードミラー社からリリースされていました。

ハワードミラー社はハワード・ミラーさんの会社で、ハーマン・ミラーさんの息子の会社です。
もともとはハーマンミラークロックカンパニーだったのですが、ハワードさん指導の下分社化して改名してハワード・ミラーという会社名になりました。(ハワードミラークロックカンパニー)

皆さんご存知のネルソンさんの時計類はむかしハワードミラー社からリリースされていましたね。
そこでバブルランプも同社から発売していたんです。

バブルランプはどうやって売れれたのか。
渡辺力さんの「ハーマンミラー物語」の内容を勝手に抜粋してかいつまんできますね。


ニューヨークでスカンジナビアンデザインを扱うお店に行ったネルソンさんは、そこでスウェーデン製の鋼線で球形を作り、そこに絹を張りつけた照明に出会います。
その照明に目を付けていたらしいのですが、後日、その照明の展示品セールされるということを聞きつけて再度ネルソンさんはお店に訪れます。
でも驚きの高額さだったことに、若干憤りすら感じたネルソンさんは、その時にニューヨークタイムズに載っていた規格客船を保存するためにプラスチックの液を吹き付けるという記事を思い出します。

すぐに自分の事務所に帰り、早速針金で球形をつくり、秘書には繊維メーカーを探させ、翌日の晩には試作品が出来上がったそうです。

そして1952年にハワードミラー社から発売されました。
当時はよく売れて、真似されまくったそうですよ。

俗説みたいなものとして、イサム・ノグチさんのAKARIを真似したという話がありますが、正しくは、ノグチさんが真似されたと感じて憤慨した。ということです。

実際どうかはわかりませんが、デザインは確かに似ている部分はありますね。しかし成り立ちや製造方法が違います。製造方法というより、考え方が違いますね。だから別物。

それからいろいろあって、とうとうハーマンミラー社からの正規復刻販売ということで、これでハーマンミラー社に照明というジャンルが出来ました。
ベッドも復刻しましたし、部屋全部ハーマンミラー計画が出来ますね。


アメリカンミッドセンチュリーモダンを代表する照明ですが、むしろ他でアメリカンミッドセンチュリーモダンを代表する照明ってなにかありましたっけ。


とにかく最高に格好良い照明ですからバブルランプ。照明どうするか考えている人はちょっと視野に入れてみてください。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月20日金曜日

バブルランプ展示しまして販売も始めます 2017/1/20

報告だけしてわりと日にちが経ちました。


来ました。
やっとの展示です。


バブルランプです。
ジョージ・ネルソンさんの傑作も名作。

久しぶりです。
とりあえず店に飾る分だけ入荷しました。

これで当店もバブルランプの販売をしますね。
ちゃんと正式にお店で販売しているものしか売らないようにしています。私は。

バブルランプが欲しい人は都度欲しい形やサイズを用意するようにしますね。
コードの長さ指定や電源周りの指定が必要なので、在庫を持って販売できないです。

バブルランプの詳しいことはHerman Miller JapanのHPが出来ているのでせっかくなのでご覧ください。
http://www.hermanmiller.co.jp/products/accessories/accent-lighting/nelson-bubble-lamps.html

サイズとか価格とかわかります。
まあそこのオンラインショップで買えますけど、最近思うのは、照明はコーディネート必須だなってことです。電気使いますし疑問点も多いでしょう。

ちゃんと納得して欲しい人は私と話して買うのが良いですよ。


サイズ比較のためにこんなラインナップで飾っています。


ボールのSサイズ。


ソーサーのMサイズ。


シガーのMサイズ。

Lサイズは飾り付けが難しです。このお店では。諦め。


どうしてこんな謎のタイミングでバブルランプを展示して販売も始めたかというと、1つはバブルランプがハーマンミラー社の正規販売品になったからです。
でもこれは去年の話。
箱がハーマンミラー社の物になるのを待っていたんですよ。見ておきたかったので。

そりゃ私はバブルランプについて詳しいですよ。
このお店も新規の人が多いのでもう書かないですけど、私の過去があれですからね。
その経験がまた活きる時が来るとは嬉しいです。

なにせなにせ、私のフェイバリット照明はバブルランプですから。
最高の照明ですよ、格好良いです。


でも以前に比べて匂い減りました?
気のせいですかね?もうちょっときつかったと思うんですけど・・・?


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月19日木曜日

アイアーマンテーブル赤脚一時受注停止 2017/1/19

連日アイアーマンテーブルのことでちょっと恐縮なのですが、連絡ごとがありました。


アイアーマンテーブルの公式HPにも載っている写真の中にレッドの脚があると思います。


画像元 https://metrocs.jp/special/eiermanntable/
これですね。


アイアーマンテーブルは脚の色を選択できるのが良いところなのですが、このレッドは一時受注停止となりました。

去年の秋に。

テーブル置いていなかったので連絡していませんでした、ここでは。
順序がおかしくなりましたが、そういったわけでレッド脚が欲しい人は再開まで待ってください。


これだけサンプルを貰いました。
クローム仕上げとか良いですね。

でも基本のブラックホワイトレッドグレー以外は要問合せですよ。値段も違います。

周りの環境や、使用する椅子の色に合わせると良さそうですね。

テーブルやデスクが欲しい人は参考にしてください。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年1月18日水曜日

アイアーマンテーブルのキャスター 2017/1/18

先日お店に置いたアイアーマンテーブルですが、本当はこれがあるからこのテーブルにしようって決めていたんです。
それが今日届きました。
 
 
キャスターです。
前使っていたMAXテーブルもキャスターがついていましたし、この場所で使うならキャスター付きのテーブルが便利ということは実感済みでした。
 
アイアーマンテーブルのキャスターはオプションパーツなので別売りです。
4ヶセットで¥10,000(税別)です。
 
じゃ、さっそく装着しましょう。
 
 
もう一回天板をどけてフレームにキャスターを差し込みます。
なので、後付けというより、テーブル購入時が最適です。最初にキャスターが必要かどうか選ぶみたいな感じです。
じゃないと後で手間です。
 
差し込んでみて分かったのですが、これ・・・この構造は・・・特殊です。
こんなやり方あるんだって逆に感心します。
 
 
はい、完成。
コロコロ動いてすごく便利です。
こうしたかったんですよ、
 
でもこうするとキャスター分だけ随分と高さが増します。ちょっと天板を下げたほうが無難ですね。
 
 
㈱メトロポリタンギャラリーさんより
アジャスターもあるんですよ。4ヶで¥3,500(税別)。
テーブルががたつく場合、アジャスタを伸ばして四か所の接地面をフラットにできます。
 
 
アイアーマンテーブルはこういった脚先のパーツがいくつかあるのが便利です。
 
 
でも、どちらも販売終了です。
 
始めたばかりなのにすでに国内在庫のみで売り切りでした。うける。
 
 
なので、キャスターに関しては欲しい人がいるかもしれないってことで在庫もとりました。
 
 
このテーブルが欲しいし、キャスターなりアジャスタにしたいなというひとは、数人しかその要望をかなえられませんが最後の販売ができますので教えてください。
 
 
しかしレクチャー必須ですね、このキャスターは。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950