ブログ

2017年3月20日月曜日

当時のT-710の光景 2017/3/20

3連休でしたね。
今日も雑談です。


ジェンス・リゾムさんのT-710 small side tableですけど、当時の使われている写真がありました。


書籍カメラ直撮り
T-710の当時の光景ってほとんどないので、見つけて良かったです。(正しくは思いだして)
ご覧の通りのT-710です。あまり古さは感じませんね、このデザインは。

椅子も実はリゾムさんです。

この組み合わせと光景は、彼が50年代に独立してからデザイン製造販売を始めたものです。
リゾムさんというと木製フレームとか、ウェービング張りの座面とか、そんなイメージが強いですよね。
それはKnollのときのかれです。スカンジナビアンデザイン色が強かったですよね。


その後、彼自身のデザイン会社を立ち上げてからは金属フレームを作り始めたんです。
こちらはあまり知名度がないと思います。古いアメリカって感じのデザインですね。

だからこのテーブルも独立後の作品ですのでKnollにはラインナップされていないんです。
この椅子はたぶんその後も復刻はしていないんじゃないでしょうか。

別にこの椅子とセットということはないのでしょうが、同じ黒メタルフレームラインとして作っていたのかもしれませんね。


ちなみにこの本は、このブログ内でたまに登場するジョージ・ネルソンさんが執筆した「Chairs」という書籍です。


なにか、参考にでもなれば。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿