ブログ

2017年5月5日金曜日

ランバーサポートのアーロンチェアリマスタードの話 2017/5/5

G.W中ですし、いつも以上にマイナーな話題を繰り出していきます。見ている人少ないですし。明らかに更新した内容のアクセスが少ないです。でもブログ全体のアクセスは増えているのが謎です。
あれですかね、「G.Wで時間もあるし過去のやつ全部読んでやろう!」という気概のある人がみえるのかもしれませんね。何時間かかるのか私も想像がつきません。


そんななかまたアーロンチェアリマスタードの話題を書いて良いですか?
尋ねられたことがあって、せっかくならここでも書いておきます。


その前にですが、今回のアーロンチェアリマスタードはいろいろ難しくないですか?私だけそう思うのでしょうかね?

製品としては素晴らしいのですが、もう一度書きますよ、製品としては素晴らしいんですよ。それはもちろん。

でもこのリマスタードのアーロンチェア取扱いして販売するのは製品としての難易度が高いものだと思います。ものすごく気を使います。

相当理解して経験した者じゃないとトラブルがあるなって思いました。
せっかく購入してくれた人が残念なことになるので生半可な気持ちでは取り扱ってはいけないなって感じます。


さて、この画像を見てもらいましょう。




しかしこうやって見ると左のオリジナル(クラシック)アーロンチェアの機械感がすごいですね。
というか、右のリマスタードのCGがおかしいんですけど。肘掛のレバーも無いしシャシーも銀色になってないし。プレのときのものですからね。実物のポリッシュリマスタードと違います。 (参考 http://case-study-shop.blogspot.jp/2017/04/17-2017415.html)

このゴツめな見た目が好きな人はオリジナルでしょう。


気づくと思いますが、腰のサポートが違うよねってことで、左はアーロンチェア発売時から存在するランバーサポートが付いています。
右のリマスタードも違いますよね。ランバーサポートが一新されて存在するんですよ。

これなに?というお尋ねでした。
答えは先述のとおりランバーサポートです。


でも、仙骨とさらに腰椎部までポスチャーフィットSLがあるのにランバー(腰椎)サポートもまたどうして作ったのってことなのですが。

それはもちろん、骨盤、仙骨部分に損傷がある人や不都合がある人のためです。
仙骨をサポートするのに、そこがダメだったらそりゃ使えないですよね。
でもアーロンチェア自体は最高なので、そうした人に良いです。

あとストレートに予算の関係で、法人向けに限った話ですが、1脚だとそこまでの値段の差が無くても100脚だとかなり変わってくるじゃないですか。そうした需要向けです。


ただこれは日本のカタログにも掲載されていません。SLじゃないポスチャーフィットもありますし、そもそもサポートなしも存在します。全部国内では定番外ですよ。


尋ねられたので書いただけですよ。尋ねたご本人はポスチャーフィットSLのリマスタードにされましたし。

なんでも疑問を解決して質問に答えられてすっきりして、納得して手に入れることが健全ですね。

あとでもやもやしないで済みます。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿