ブログ

2017年5月7日日曜日

どうして渡辺力の時計を販売しているか 2017/5/7

G.W楽しめましたか?みなさん。
みんなが楽しかったらそれで良いですよ。


さて、ここでどうして渡辺力さんの時計が良いと思うのか書きますね。

どうもうちのテイストに力さんの時計があることが不思議な人をたまにお見受けしますので。


まず、大前提として。

渡辺力さんの構成力デザイン力が素晴らしいからです。これはもう間違いなく。
小さな時計に代表されるように、野暮ったくもなくミニマルで上品だと感じます。それでいてただ装飾を少なくすれば良いってわけじゃなく、最小限で彼の存在感を発揮し、素材を生かした見た目になっています。
日本らしさがあるんですよね、そこが良いんですよ。


もう一つは私の得意ジャンルアメリカンミッドセンチュリーモダンとストーリーが繋がる。

このブログを読んでいるぐらいの皆さんですからイームズさんとかネルソンさんとか、それこそハーマンミラーさんとか好きですよね。

そこと繋がります。

それこそ彼は「ハーマンミラー物語」の著者です。われわれのバイブル。
それを書けるのも戦前からデザインに携わっているパイオニアであるのでリアルに体験してきたからです。50年代に渡米しクランブルックアカデミーやハーマンミラー本社に行き、イームズさんやネルソンさんが日本に来た時に行動を共にしています。


さらに彼はイームズ夫妻に自身の時計をプレゼントしたというエピソードもあるんです。
もう製造終了しましたが、それがリキアルミニウムクロックでしたね。

そんなわけで、彼はミッドセンチュリーモダンとストーリー的に繋がるわけです。特に時計はまさに。


この二つの要素により私は良いと思うわけなんです。


渡辺力さんの時計はパッと見では判断しづらいと思います。
誰かにストーリーを教えてもらったり、話を聞いたりして、やっと評価できるものでしょうね。


そのための私です。


あ、タカタレムノスさんの製品はクオリティが高いので安心して販売できるということも大きいですよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿